あらすじ
ライブでセクシーな動画を配信する「カムガール」。ローラのハンドルネームで活動する主人公もそんなカムガールの一人。

日々動画の研究を重ね、ファンサービスを頑張り、配信者ランキングの上位に食い込むことを夢見て努力しています。

前半はそんなローラの日常がややコミカルに描かれ、後に起こる怪異の影はあまりありません。ちなみにこのパートであまりなじみがない「カムガール」についても「こんな感じなんだな」と理解することができます。

セクシーなユーチューバー(課金あり)って感じなんですね「カムガール」…。

さて、ライバルの嫌がらせにもめげず上位ランカー目指して頑張っていたローラですが、ある朝目覚めるとサイトにログインできなくなっていることに気づきます。

パニックになったローラが自分の配信用ページを確かめるとそこにはなんと生配信をする自分そっくりの人物の姿が…。

この日から「もう一人のローラ」はローラになり代わって勝手に配信を始め、その振る舞いによって徐々にローラの生活は脅かされていきます。

ローラはなんとかアカウントを取り戻し、配信をやめさせようとわずかな手がかりから「もう一人のローラ」の謎に迫っていくのですが…。

総合評価 

評価:★★★★☆ (良い)
印象:怖い・興奮・驚いた

超簡単にいうと全体的に良かったがオチがね・・・

動画配信の怪を描いたカムガールですが、怪談話や都市伝説のあるあるネタを、動画配信や超イマドキのツールと掛け合わせることで、新鮮みのあるネット上の怪談として昇華させた作り手のアイデアには「おっ」と思いました。

恐怖をあおる演出にもこれらのWEBツールならではのギミックがいっぱいで、ドキドキさせられました。

ただストーリーのオチが煽ったわりに弱かったのと、最新のツールを使ったがために「数年後に見たときに怖いのか?」と疑問になるところもあり、このような評価になりました。

大傑作といわけではありませんがサクッと観れてアイデアも面白い作品です。

カムガールのここが良かった

ストーリーのアイデアがいい作品

ドッペルゲンガーに代表される「自分がもう一人いる」ありがちな怪談話を現代のWEB怪談としてアップデートできているなと感じました。

特に「自分の立場をもう一人の自分乗っ取られるかも!」という恐怖を、WEBサービスのアカウントのっとりと絡めて描いたのは秀逸。怖いですもん。アカウント乗っ取られるの。

しかもこの映画の場合、自分と同じ姿の人間が問題なく動画を配信しているようにも見えるので、周囲からは信じてもらえないというおまけ付き。ネットにどっぷりの私のような人間にとってはすごい恐怖でした。

ライブ配信ならではの恐怖演出

これ以外にも、細かいところにライブ配信ならではの恐怖演出が盛り込まれていて、不気味さを煽ってきます。

主人公が今確かに見ている現実と配信として編集や細工ができないはずのライブ配信画面に映し出される現実がリアルタイムで食い違っていくような演出。と説明すればおわかりいただけるでしょうか?

具体的なシーンで言うと、誰も居るはずのない部屋から「もう一人の自分」の配信が始まり、驚いた主人公がその場所に行ってみると誰も居ない。

ただその間もずっと主人公の手元の端末では自分以外誰も居ない部屋から配信が続いている。というような演出です。

怪奇現象か誰かの罠か

また後半まで主人公の身に起こった怪異が超常的なものなのか、それともだれかの企みによるものなのか明かされません。

登場人物のほとんどがネットを通じて主人公が知り合った人々であるため、誰かが裏切っているのでは?というドキドキ感も味わえました。

今が旬

WEB動画配信というギミックを存分に活かしたホラー、手軽なネット配信がブームになっている今だからこそ楽しめる映画かもしれません。

印象に残ったセリフ・シーン

本物のローラと偽ローラが初めてビデオチャットで対峙するシーン

このシーンまでローラは「もう一人の自分」とライブ配信のコメントでコミュニケーションすることはあっても、顔を突き合わせて接触することはありません。

いわば「本物のローラと偽のローラの初めての対決」です。

どうしたって緊張が高まるシーンですよね。今まで自分の大事な配信用アカウントで好き勝手されてきたローラが偽物にどう向き合うのかも見ものです。

同時に、「もう一人のローラ」にとっても「本物のローラ」が存在を知っていたことに気づくシーンですから、目の前に現れた本物にどんな反応を返すのか観ていてハラハラしました。

驚くのか、それとも慌てるのか、いっそ開き直るのか、はたまた逆ギレか。

いろんな可能性を観ている間考えましたが、結果は全く予想できなかった意外なもので、私はこの「もうひとりのローラ」の反応もすごく不気味で気に入っています。

この「もう一人のローラ」の反応がトリガーになってローラはある事を思いつき、物語は一気にクライマックスへ突き進んでいくのですが、ここから先の展開はテンポもよく面白いのでぜひ作品を観てぜひ自分の目で確かめていただきたいと思っています。

こんな人にオススメ

少しセクシーな題材なのでお子様にはおすすめできませんが、ちょっと見たことのない工夫を凝らした新しいホラーが観たいと思っているホラー好きの人におすすめしたいです。

特にネット文化に親しんでいる人なら、必ずどこか楽しめる所があるはず。

作中にちりばめられたネットあるあるネタにニヤリとしたり、WEB動画配信ならではの恐怖演出に背筋が寒くなったり、アカウント乗っ取りや身バレなど怪異由来で主人公が被る迷惑には嫌な汗が流れる人も多いのではないでしょうか。