あらすじ
空港でバイトしていたファルーク・バルサラが、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーになっていく物語。

その音楽性を認められ、ツアーが決まり、偉大なロックバンドになっていくクイーンだが、その裏でフレディは自分のアイデンティティに悩み、メンバーとも確執が生まれ葛藤していた。

フレディはゲイである事を認識し始め、男との浮気を止められず、心から愛している妻と別れてしまう。寂しさを埋めるための乱痴気騒ぎ、そしてフレディがソロ活動を決めたことでメンバーとの確執は決定的に・・・

総合評価 

評価:★★★★★
印象:泣ける・楽しい・興奮

みんなの評価のよかったボヘミアン・ラプソディ。期待値上がっちゃって、大丈夫かなと思ってましたが、大丈夫でした。素晴らしすぎ!フレディの孤独、仲間のありがたさ、圧倒的パフォーマンス。ライブエイドは鳥肌が止まりませんでした。

ぜひ、映画館で観るべき作品。ライブエイドのところなんか、本当にライブに参戦している気になれます。挿入歌もクイーンの曲であふれていて、全部聞いたことあるし、やっぱりクイーンは偉大だなと思いました。

ボヘミアン・ラプソディのここが良かった

映画を見ると友情と愛情を感じる事ができ優しくなれる。またライブシーンや音楽はとにかく興奮する。

ステージ上では圧倒的カリスマ性を見せ、ナルシスト全開のフレディの裏に隠された出自や性的アイデンティティについてのコンプレックス。そのことでの孤独感や辛さがわかり、とても切なかった。

メンバーや元妻とはいろいろあったが、それでもフレディを受け入れ、彼をわかってくれたのは彼らであり、ファンのみんなだった。そのことにフレディが気が付いたとき、映画を見ている私もそのことに気がつき、涙が止まらなくなった。

性的嗜好とか出自とか音楽性の違いとかそんなのすっとばして信頼しあえるクイーンのメンバーは本当に最高のバンドだと思ったし、だからみんなに愛されたんだなと思った。この映画を見ると、バンドっていいなという気持ちになる。

役者の演技もすばらしく、チャリティコンサートの場面など本当にあのときのライブエイドを見ているような気持ちにさせられる。もちろん、映画の挿入歌として、流れるクイーンの曲もすばらしく、それだけでも観る価値があると思う。

印象に残ったセリフ・シーン

フレディが、元妻メアリーに自分がバイセクシャルだと告白するシーン。

フレディがメアリーのために作った曲げテレビで流れる中、お互いに相手が好きなのに、その関係性を諦めなきゃいけない瞬間でものすごく切なくなる。

フレディが、自分がバイだというと、メアリーはあなたはゲイよと返す。自分が愛している男にそれを言わなきゃいけないなんて、どんなに辛いだろう。

フレディがメアリーを想っていることをメアリーは知っているのに、それでも関係性をやめなきゃいけないなんて。

私にはそんか大恋愛の経験がないので想像もつかないが、それでもすごく切なくなったので、辛い別れを経験したことがある人は本当にもう堪らないんじゃないかなと思った。

フレディに裏切られていたのに、その後のフレディのことを心配し、その後も友達づきあいをしたメアリーに完敗。というか、二人の関係性がすごくいいなあと思った。

恋愛関係が終了しても、二人はソウルメイトだったんだな。そして、二人の関係を認めていた、フレディ、メアリーの次のパートナーたちもいい人だなと思う。

私なら嫉妬しちゃうもんな。とか、いろいろ考えさせられる場面だった。そこに流れる音楽がまたきれいでいい曲なので、余計切ない。

こんな人にオススメ

クイーンを知らない人におすすめ。

なぜなら、クイーンの曲はよくCMに使われていたし、クイーンを知らない人が見ても映画で音楽を聞くと、絶対、一つは聞いたことがある曲があるから。

そして、彼らの人間性やライブパフォーマンスを見ると、本物の映像を見たくなるから。そして、本物のオフィシャル映像などを見ると、クイーンのファンになってしまうから。ぜひ、クイーンに興味ないという人こそ見てほしい。

話の筋は、サクセスストーリーで難しいものではないし、わかりやすいし、感情移入しやすいものなので、クイーン知らないしとかで敬遠しないでほしい。